バリュー生活覚え書き
ネットでのお小遣い稼ぎは「完全無料で!」をモットーに、楽しみながら得するポイントサイトを紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


0033キャンペーン
2008年01月27日 (日) 21:39 | 編集
NTTコミュニケーションズが
ぐっさんデザインオリジナル・エコバックがもらえる!0033を使うともれなくプレゼントキャンペーン実施中!
というキャンペーンをやっているのですが、



そもそも0033ってなに?という疑問が管理人のなかにあって、ちょっと調べてみました。


0033というのは、NTTコミュニケーションズの「事業者識別番号」です。
事業者識別番号には、他に
0036=NTT東日本
0039=NTT西日本
0088=日本テレコム
0077=KDDI
などがあります。

固定電話から携帯電話にかける際、頭に「事業者識別番号」をつけることによって、各社の設定する料金が適応されます。

たとえば、固定電話からNTTドコモの携帯にかけるとき、普通に090─××・・とダイアルすると、NTTドコモの設定した電話料金になります。
この場合、3分間で「73.5〜94.5円」の通話料になります。(通話場所の距離によって料金は変動します)。

一方、0033と頭につけると、NTTコミュニケーションズの料金が適応され、全国一律・全キャリア「51.975円(3分)」となります。
かなりお得になるわけですね。ふむふむ。

もっとも、相手がNTTドコモの場合では、0036(NTT東日本)または0039(NTT西日本)をつけると「50.4円(3分)」と、こちらの方がお得になります。
au・ソフトバンク相手では、「55.125円(3分)と0033の方がお得です。

まとめると、
相手がNTTドコモの場合は、0036または0039。
それ以外の場合は、0033。
相手のキャリアがわからない場合は、とりあえず0033が吉ということになります。
(IP電話やケーブルTVの電話を利用している人は、また別の話になります)

事前に登録や申し込みは必要ありません。
料金の請求は、通常のNTTの請求書にNTTコミュニケーションズ分の記載で請求されます。

ということで、今日は0033についての覚え書きでした。

▼ランキング
ランキングに参加しています。
この記事が役に立ったという方はこちらをぽちっとお願いします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。