バリュー生活覚え書き
ネットでのお小遣い稼ぎは「完全無料で!」をモットーに、楽しみながら得するポイントサイトを紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マネコさん
2006年12月27日 (水) 20:18 | 編集
相互リンクを貼っていただいてるあらさたなさんがブログで紹介している新興ポイントサイト「マネコさん」に登録してみました。
maneko

正直、怪しげな気配のサイトです。個人運営のサイトのようですし。
でも、案件の還元率は確かに高いんですね。
その分、怪しげな案件が多いです。出会い系なんかも・・・。
げん玉あたりに慣れている人なら大丈夫だと思いますが、初心者にお勧めというわけにはいきません。

案件に申し込むと、怪しげなメールがたくさん送られてきそうなので、他のポイントサイトを登録しているアドレスとは別に、隔離アドレスを作っておいた方がよいかもしれません。
メアド以外の登録はくれぐれも慎重に。

現在、「マネコさん」の会員数は400人程度とのことです。
管理人が「マネコさん」に興味を持ったのは、会員数があまりに少なかったからです。
いまのところポイントサイトではダントツのマイナーサイトだと思います。
今後どうなっていくのか、行く末を見てみたいというのが登録した最大の理由でした。

「マネコさん」は1P=1円換算で、500Pから換金できます。
イーバンクなら換金手数料無料です。

ここからの登録で、100Pがもらえます。

げん玉のような紹介制度があるのですが、こちらは2段階の報酬制度です。
紹介によって登録した人がゲットしたポイントの10%、さらに紹介の紹介で登録した人の5%が紹介者に還元されます。

管理人の「マネコさん」活動は年明け以降になりますが、サイト情報などまた紹介していきたいと思います。
maneko


年内のブログ更新はこれで最後になると思います。
みなさんよいお年を。

ランキングに参加しています。
この記事が役に立ったという方はこちらをクリックしてください。






スポンサーサイト
ドリームメール
2006年12月25日 (月) 21:40 | 編集
いまさらながらの「ドリームメール」ですが、ここは登録だけして後は放置するのが吉ということだと思います。
3ヶ月に一度1000万が当たる抽選があるので、万一当たれば儲けものということで。
メールを受信するだけでポイントが貯まるのですが、キャッシュへの交換は、DCカード新規加入が条件なので、ポイントを貯めるメリットはありません。
一応、商品交換もあるのですが、ほとんど交換実績はないんじゃないでしょうか。

各サイトの還元率は以下の通りです。

1.G-Point
100円(100P)
2.へそクリック
100円(100P)
3.げん玉
80円(800P)
4.ちょびリッチ
75円(150P)
5.ECナビ
30円(300P)

ちょっと前まで、げん玉は100円還元だったような気がするのですが、いま確認してみると、80円に下がってました。

ちなみに、「ドリームメール」を運営しているは、エルゴ・ブレインズという会社なんですが、ここは大証ヘラクレスという証券市場に上場してるんですね。上場企業なので、決算書が公開されています。
前期、前々期と二期連続して赤字です。決算書には「継続疑義」の注記というのがついています。
「継続疑義」というのは、このまま事業を続けられるかどうか疑わしい(疑義)ということですね。
今期は黒字化が見込まれていますが、どうなんでしょうか。
なかなか、キビシイんじゃないでしょうかね。

ランキングに参加しています。
この記事が役に立ったという方はこちらをクリックしてください。

金融広告
2006年12月24日 (日) 10:40 | 編集
少し前に、ソフトバンクの広告が問題になりました。

例の通話料0円の広告です。

0円になるための条件については、欄外にほとんど読めないくらいの字で書いてるんですね。

これを見て「似ているな」と思ったのが、
金融広告の手法です。

年利3%とか大書されているのですが、これもいろいろな条件がついていて、
欄外に小さく書かれています。

ソフトバンクの料金体系も、金融商品の仕組みもとても複雑なのですが、
思いっきり単純化して、わかりやすい数字だけを提示しています。

「難しいことはわかんなーい」という読み手(消費者)のニーズに応えた広告であるともいえるのですが・・・。

そこで、今日は「金融広告」に騙されないための一冊をご紹介します。

吉本 佳生 (著) 「金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか」

本書で取り上げられている金融広告は、新聞や雑誌、チラシやパンフレットなどでよく見かけるものばかりです。どれが当たりの商品なのか、ハズレの商品なのか、消費者自身の手で見抜くためのノウハウがわかりやすく書かれています。

賢い消費者でいるために、押さえておきたい一冊だと思います。

今日は書籍の紹介でした。


ランキングに参加しています。
この記事が役に立ったという方はこちらをクリックしてください。

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。